カテゴリ:1年
普通救命講習 1学年

 12月10日(木)、第1学年の普通救命講習会が始まりました。目的は、発達段階に応じて、応急処置の知識・技能を身に付け、中学生が地域の担い手となることです。武蔵野消防署等の方々のご指導のもと、心肺蘇生、AEDの使用方法、窒息や止血の手当て方法等について学びました。感染症対策のためクラスごとの実施となり、今日、明日で2クラス、年が明けて2クラスの実施となります。後日、「救命技能認定書」が発行され、受講者全員に届きます。有事の際に機転を利かせた行動がとれるよう、機会あるたびに練習しておくことが大切です。

 

   
   
   
   

 

公開日:2020年12月10日 16:00:00