新・今日のつぶやき

5月14日(金)
今日は中間考査二日目。無事に終了しました。テストは、受けた後の振り返りが大事です。しっかり振り返りをして、今後の学習につなげていきましょう。さて、部活動が大会等に向けて短時間で行なわれはじめました。写真は、吹奏楽部のパート練習の様子です。一年生は、ようやく自分の楽器が決まり、意欲が増してきたことでしょう。今年度も三学年そろっての活動は少ないです。共にすごせる時間を大切にし、さまざまなことを学びあいたいものです。

 

 

 

5月13日(木)
今日は中間考査の初日でした。自分のテストに向かう姿勢はいかがでしたか。存分に実力を発揮することはできましたか。明日、あと二教科あります。今日の取り組みを振り返り、明日につなげましょう。今日は少し肌寒く、細かな雨も降り続いています。体は資本です。体調には十分留意してください。健闘を祈ります!

 

 

 

5月12日(水)
保健体育の授業では、6月に行なわれる体育祭に向けた練習が始まりました。校庭で授業が行なわれていると、どうしてもそちらを見たいという誘惑に駆られてしまいます。特にクラス全員で一丸となって取り組む種目は気合が入ります。体育祭直前まで各クラス、勝利を目指して何度も何度も練習し、策を練り直し臨むことでしょう。その前に、明日から始まる定期考査に向けて、今日一日、ベストを尽くしましょう。

 

 

 

5月11日(火)
4時間目が終わると、給食の配膳が始まります。今日のメニューはうどんでした。うどんは人気メニューの一つです。今日も残さず美味しくいただきました。写真は校舎前に立つ松の木ですが、鳥が子育てをするのにちょうどよいくぼみがあり、ひな鳥がすくすく育っています。親鳥が頻繁に餌を捕りに行く様子やひな鳥の鳴き声がきこえてくるようになりました。何羽育っているのかは分かりません。生徒の皆さんは何羽だと思いますか。様子を見て、予想してみてください。

 

    

 

 

5月10日(月)
一週間が始まりました。学校全体で、授業を受ける空気がぴりっとしてきました。なぜなら、今週の木・金曜日に今年度最初の定期考査が実施されるからです。一年生にとっては、初めての試験。三年生にとっては、少しでも実力を発揮したい試験。二年生にとっても昨年度の反省を生かしてよりよい自分を目指していく第一歩。クラスみんなで授業を大切にし、よい雰囲気を作りながら、試験に臨んでいきましょう。写真は三年生の授業の様子です。タブレットを併用しながらの授業が少しずつ始まっています。

 

 

 

5月7日(金)
今日は、三年生が、午後から「オーケストラ鑑賞教室」に出かけました。耳なじみのある交響曲第五番ハ短調「運命」の第一楽章から始まりました。そして、指揮者が丁寧に楽器の紹介をしてくださった後には、ソプラノ歌手が歌劇「魔笛」より「夜の女王のアリア」、テノール歌手が歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」と有名で聴きごたえのある曲を聴かせてくださいました。オペラの素晴らしさもちょっぴり味わうことができました。また、アンコールで演奏してくださった曲は、指揮者の導きのもと会場に集った生徒全員が手拍子で演奏に参加し、ホールいっぱいに広がる管弦楽の調べと一体化しました。心が込められた音色に生徒たちは引き寄せられ、音楽を満喫することができました。さらには、指揮者のはからいにより、オペラ歌手のお二人がどんな生活をされているか、どうやってこの道に進まれたのかも伺うことができました。約二時間という短い時間ではありましたが、とても心が豊かになったひと時でした。私達引率教員も、本日の鑑賞教室を満喫することができました。なぜなら、三年生のマナーがとても良かったからです。会場に向かう道中、学級委員や生活委員が安全かつマナーを守って行動するようにクラスを導いていました。そして心から楽しんで鑑賞する生徒が多く、演奏会終了後も忘れ物もせずに会場を後にすることができました。二年生も来年、「オーケストラ鑑賞教室」を心から楽しめますよう、祈っています。

 

 

 

5月6日(木)
連休も終わり、学校には久々に生徒の元気な声がこだましました。連休をどんなふうにすごせたかなと案じていましたが、すべきことに取り組んで充実した様子が、表情ににじみ出ていました。
さて、写真は、3年生の教室の扉に飾り付けられた折り紙アートです。端午の節句と昔話がテーマになっています。季節や行事を折り紙で表す心意気や、おむすびを広げてみると実は中に具が描かれているといった遊び心に、繊細さとおおらかさがにじみ出ています。離任された先生から、「人とのつながりを大切に」とのお言葉がありました。折り紙にも、人を思う気持ち、つながりを大切にする心が伺えました。このような四中生の心、広がっていってほしいと思います。

 

     

 

 

4月30日(金)
本日、離任式を行いました。異動された先生方の変わらぬ姿を目の当たりにし、ほっとしました。と思うのも一瞬、出逢いがあれは別れがあると頭では分かっているものの、もっと一緒にすごしたかったのにと、過ごした日々の尊さが込み上げてきて、目頭を抑えずにはいられない離任式でした。代表生徒たちは、「先生と学んで、もっとできることを増やしたいと思うようになりました。特に、自分の意見を伝えられるようになりたいです。」「収穫したトウモロコシで作ったポップコーンはおいしかったです。」「勉強以外のこともたくさん学びました。」「先生のようになりたい。」など、思いを伝えました。今日も先生方からは心に沁みる言葉をたくさんいただきました。先生方の教え、してくださったこと、つないで紡いで綾なしていきます。時々忘れないように、いただいたお言葉、ここでもつぶやいていきます。

 

 

 

4月28日(水)
本日昼休みの2階ホールの様子です。校庭からの元気な声を聞きながら活動に勤しむ三年生の整美委員さんたち。てきぱきと作業を進め、ささっと完成させていました。さすがです。一方、反対側のベンチに目を向けると、本を見ながら鳥を折っているいる女子たちが…。そうです。この二人が三年生の教室や、二年生の更衣室の飾り付けをしてくれていたのです。近々、三年生の教室入り口に飾られた作品を紹介します。乞うご期待!

 

   

 

 

4月27日(火)
今日の午後は、前期生徒総会と一斉部会が行われました。一斉部会では、部活ごとに正式加入した部員が集まり、部活の方針や今後の活動予定などを確認しました。決心して顧問に提出した入部届が、それぞれの意識を変えたことでしょう。経験者である先輩も、後輩がいることで、学び、得られるものがあります。限られた活動の中ではありますが、安全を確保しながら、技術を体得し、そして一つの目標に向かって活動することの尊さを体得してほしいと思います。

 

 

 

4月26日(月)
今日は、学習用コンピュータの下準備をしました。個人用ラベルを貼ったり、起動するか否かの確認をしたりしました。やはり生徒は順応性が高いです。スムーズに作業を進める様子から、私たち大人の方が、アイディアをたくさんいただいてしまうような予感がしました。ぜひ、効果的な使用法をマスターし、創造的な学習を実現していってほしいと思います。

 

 

 

4月24日(土)
本日の午後、2,3年生の保護者会を行いました。保護者の皆様のあたたかくも真剣な眼差しに、「生徒たちの学校生活を支えていくぞ。」と、あらためて思いました。勇気をたくさんいただきました。お忙しい中、ご来校いただき、ありがとうございました。ある生徒と、家庭科の作品(幼児のおもちゃ)を見ながら、「みんな力作揃いだね。」と話したら、「あの、私、失敗しちゃったんです。」とのこと。「どのへんが?」と聞いたところ、「完成して遊んでみたら、ちょっと小さい子には難しいかなって思ったんです。」と。一つ一つの作品に、込められた思いや工夫を聞いてみたいと思いました。きっとそこにはたくさんの優しさがあるのだろうと思いました。

 

 

 

4月23日(金)
明日は土曜授業の日です。そして、午後には2,3年生の保護者会があります。写真は、家庭科係が作品(幼児のおもちゃ)の展示準備をしている様子です。ご来校の際には、ぜひ2階ホールにお立ち寄りください。なかなか学校生活における生徒の様子を見ていただけない昨今です。教室内にある掲示物や学習成果物などから、少しでも、生徒たちの様子を感じ取っていただければと思います。

 

 

 

4月22日(木)
今日は、東京都都民安全推進本部より講師をお招きし、「今だからこそ考えたい!ネット・SNSの賢い使い方」をテーマに「スマホ教室」を実施しました。ネット上でよく利用するゲーム・つながり・コンテンツの場における、トラブルの具体例を映像資料で示していただき、どこに危険が隠れているのか、なぜ危険なのか、危険な目にあった場合は、どうするべきなのかということを教えていただきました。具体例はとても身近なものばかりで、無意識のうちに誰もが加害者にも被害者にもなり得るものばかりでした。使用する際には一人一人が意識を高く持ち、スマートな使い手になりましょう。そして、いずれ訪れるSociety 5.0の時代を闊歩できるようになりたいものですね。

 

 

 

4月21日(水)
学習用コンピュータが近々、全校生徒の手元に届きます。活用できると学習の方向や取り組み方、そしてクラスのコミュニケーションもが全く異なったものになり、様々な可能性が広がることでしょう。目下、教員はお勉強中です。

 

 

 

4月20日(火)
6月に行われる体育祭の準備が、体育委員中心に水面下で始まっています。四中の体育祭を盛り上げてくれるものの一つに応援旗があります。毎年3年生の有志がデザインし、兄弟学級で仕上げていきます。毎年力作ぞろいです。写真は、3年生がデザインをおこしている様子です。今年も青空のもとどんな作品が風にそよぐのか、今からとても楽しみです。

 


 

 

4月19日(月)
本日の一時間目は、前期生徒会活動の議案書討議を行いました。各委員会がどのような方針のもとに活動を行っていくのかを具体的に提案しました。本来ならば、全校生徒が一堂に会して行いますが、それぞれのクラスで、学級委員主導のもと行いました。提案されたどの活動方針も、使命感と、四中生らしいウイットに富んでいました。写真は3年生のクラスです。議案書に対して複数の意見が出ました。どの意見も「こうすればもっとみんなが過ごしやすくなるのではないか」という思いに溢れていました。最高学年であるという想いが、清々しいほどに伝わってきた議案書討議でした。

 

 

 

4月16日(金)

週末は、整美委員会が「週末点検」を行ない、各教室に汚れが残っていないか、窓やカーテンはきちんと閉まっているかなどをチェックします。美意識の高い整美委員さんたち、そのチェックは決して甘くはありませんし、甘くもなりません。そんな「週末点検」のおかげで、生徒たちの掃除に対する意識は年々高くなっています。

今週は仮入部がありました。来週は、土曜授業もあります。週末しっかりと心身を休めてください。また来週ぴかぴかの教室でお会いしましょう。

 


 

4月15日(木)
今日から図書室が開室しました。四中の図書室には黒板があり、教室と同じように授業を行うことができます。また、テーマごとに書籍が別置されるスペースがあったり、図書委員さんが作成した本のポップや豆本のモビールなども飾られていたりと、くつろぎながら本を楽しめる工夫がたくさんしてあります。特に人気のスペースは、ソファーです。昨年度は、その前年度より貸出冊数が20パーセント増えました。今年度は3回、読書月間を実施します。今年も大いに図書室を利用し、友達や家族と本の話をしたり、好きな本を見つけたりしてほしいと思います。

 

 

 

4月14日(水)
四中の校舎は、主事さん方が、生徒たちの学校生活を安全かつ楽しく過ごせるよう、常に手入れをしてくださっています。また、様々な掲示物の他に、校長先生が撮ってくださった生徒たちの写真が展示されていたり、上級生から下級生へのメッセージが掲示されていたりと、校舎内を歩くだけで優しい心配りが感じられます。この写真は、2年生女子の更衣室の入り口の様子です。3年生のとある女子たちが、更衣室とは気がつかずに素通りしてしまうほどの入り口に、折り紙を飾り付け、愉しい入り口にしてくれました。他にも、自分たちのクラスでないにも関わらず、あるクラスの入り口に一つの絵が完成しつつあります。明日には完成しそうな雰囲気です。西側昇降口に一番近い教室です。お通りの際には、是非、目で愉しんでください。

 

  

 

 

4月13日(火)

本日は、第一回専門委員会が行われました。四中には、学級委員会をはじめ、八つの委員会があり、生徒の日常生活や学校行事などを支えています。図書委員会を覗いてみると、委員長を中心に「四中生全員が、本を通して世界観を広げる旅に出かけてほしい。そのお手伝いがしたい。」というメッセージを込めた活動方針の文言を決めるために、30分近く全員で議論を重ねていました。こういう一つ一つのことにも丁寧に考えていくところが、四中生の特徴です。さて、誰かのために頑張っているのは、委員だけではありません。とある部活の2・3年生たちが、部活動が始まるまでの時間を使って自主的に掲示物を貼っているのを見かけました。そんな生徒たちに「つぶやきで紹介してもいいかな?」と声をかけましたら、「いいですよ!水泳部です。たくさんの一年生の入部を、お待ちしています!」とハリのある声で、無邪気なお返事(宣伝付き)がありました。

 

  

 

 

4月12日(月)
給食後、「先生、今日は、昼休みありますか?」「ありますよ。」「!!!」この短い会話がきっと、どのクラスでも交わされたことでしょう。校庭にホールに、バルコニーにと生徒たちは思い思いの場所で、今学期初めての昼休みを存分に満喫しました。そして予鈴が鳴ると、頬を紅潮させながら、全力で教室に戻ります。授業も委員会・係活動も、そしてもちろん休み時間も、すべて全力で楽しむ四中生たちの日常が始まりました。1年生は、今日から仮入部が始まります。自分にとってのセカンドプレイス、サードプレイスが見つかりますように。

 

 

 

4月9日(金)
今日は、1年生に向けて、部活動説明会を行いました。それぞれの部活の代表生徒たちが、自分たちの部活動の魅力をアピールしました。プレーや作品を見せるだけではなく、クイズやコントも取り入れて、1年生がイメージしやすいように、飽きないようにと、趣向を凝らして発表を行っていました。1年生たちもパフォーマンスや作品に圧倒されたり、打球の行方を一斉に目で追ったりと、胸躍る一時間になりました。吹奏楽部の音色が体育館に響いたのは約1年半ぶりのことでした。誰もが「部活動っていいな。」と素直に思えたひと時でした。来週からは学校生活が本格的に始動します。生徒のみなさん、この週末、しっかりと心身を休めてください。そして来週も、そのきらきらとした瞳で様々な学びと出会っていきましょう。

 


 

 

4月8日(木)
今日は、対面式を行いました。少し大きめの制服をまとった新入生が、担任を先頭に一列でやってくると、在校生は自身の入学当初を想い出したのか、思わず頬がゆるみ、拍手は自然と大きくなりました。久々に三学年そろっての学校行事でした。晴天のもと聴き入る校歌は、一味も二味も心に染み入るものがありました。写真は、手前が1年生。奥が2・3年生。上級生の成長と新入生の初々しさを目の当たりにし、思わず目を細める教員一同でした。

 

 

 

4月7日(水)

晴天のもと、入学式が挙行されました。呼名された新入生の「はい!」という声が、緊張感に包まれた式場を突き抜け、今日から始まる四中生活が可能性に満ちたものであることを予感させてくれました。卒業生たちも、高校の入学式を迎えていることでしょう。卒業生も新入生も、そして式典に参加できなかったものの、遠くから見守ってくれた在校生も、学び深く、彩ある『四中生物語』を紡(つむ)げますように。

 

 

 

4月6日(火) 
今日は始業式。クラス発表、新クラスでの学活と、緊張と清々しさと歓声が校舎を駆け巡りました。受け入れる教員側も、数日前から背筋が伸びる思い。進級おめでとう。また心新たに、たくさんの景色を見ていきましょう。…と余韻にひたるのもつかの間、明日は入学式。みんな総出でお迎えの支度中。新入生が迎えられること、心から楽しみにしています。

 

 

前年度までの「つぶやき」はこちらです

   ↓

続々 今日のつぶやき

更新日:2021年05月14日 19:27:31