カテゴリ:3年
卒業生の話を聞く会

 7月10日(火)に、3年生の進路指導の一環として、四中卒業生の高校3年生4名が来校し、中学時代の勉強の取組や進路決定の経験を話してくれました。自分の進路決定そして受験、現在に至るまでの過程や将来の夢を、自信をもって堂々と後輩に伝えてくれました。また、質問にも丁寧に答えてくれました。自分と向き合うことの意味や、困難や失敗をどのように乗り越えたかの内容に、3年生は大いに参考になると思います。3年生にとっていよいよ自分の進路を考えていく時期になりました。言い換えれば、義務教育を修了し、自分自身で人生の大きな選択ができる年齢になったということですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:2018年07月10日 16:00:00
更新日:2018年07月10日 18:08:15